護館神

gokanjin岩国城の石垣は岩国城旧天守台から西南へ約1500メートルの峯(標高250メートル)から、尾根筋を運ばれた石灰岩で築かれました。石切り場とした峯には、昔から小祠があり、霊地とされた所で、天明年間(1781年~1789年)、藩内で飢饉や地震、火災などが相次ぎ、藩の政治も乱れたため、天明3(1783)年、石切場跡に社殿を建立し、居館を護り、城山を鎮めるため護館神が祀られました。岩国藩祖吉川広家(きっかわひろいえ)が幼少の頃、祖父毛利元就(もうりもとなり)からもらい、戦場で常に身の側に置いた吉川家の武運長久(ながひさ)の守護神として勝軍延命地蔵が安置され、「護館神勝軍地蔵」と称せられていました。



このページの情報は「岩国市観光振興課」の提供です