仙鳥館(せんちょうかん)

senchoukan始めは仙鳥屋形と称し、元禄11(1698)年、岩国5代領主の吉川広逵(きっかわひろみち)幼時の居所として建てられ、以降は代々藩主幼時の居所に充てられました。
12代領主経幹(つねまさ)、13代領主経健(つねたけ)も仙鳥館で生まれ、幼少時代を過ごしました。

【所在地】〒740-0081 山口県岩国市横山3丁目3-11


このページの情報は「岩国市観光振興課」の提供です