小瀬砲台跡(おぜほうだいあと)

ozehoudai_8678小瀬川をはさんで、安芸国(現広島県)との国境地帯となる小瀬には、防御のため、多くの砲台が築かれました。
また、岩国へ入る山陽道の関門周辺には、防御のための大きな柵や隠れて射撃するための隠し道なども造られました。

【所在地】〒740-0091 山口県岩国市小瀬


このページの情報は「岩国市観光振興課」の提供です