昌明館(しょうめいかん)

shoumeikan寛政5(1793)年6月に岩国7代領主吉川経倫(きっかわつねとも)の隠居所として建造。
廃藩置県の際、岩国県庁が置かれ、岩国の政治の拠点となりました。
現在は、18世紀末頃の建築様式を留めた長屋二棟門一棟が残され、市指定の有形文化財となっています。

【所在地】〒741-0081 山口県岩国市横山2丁目7-3


このページの情報は「岩国市観光振興課」の提供です