錦雲閣

kinunkaku「錦雲閣」 (きんうんかく) は、明治18(1885)年に旧岩国藩主吉川家の居館跡が公園として開放された際、旧藩時代の矢倉に似せて造られた旧岩国藩主吉川家の歴代を祀る吉香神社内にある絵馬堂です。
吉香公園の堀に面して立つその姿は大変風情があり、まるで一幅の日本画を見るようです。
桁行6間梁行4間,身舎5間×3間の入母屋造,桟瓦葺,楼閣風建築で,吉香公園内に偉容を誇り、階下は土間敷で,外周は入口を除き腰を板壁として内側に腰掛縁を設けています。階上は板敷で高欄付切目縁を廻してあります。正面に、芦野文亀(ぶんき)の描いた鍾馗(しょうき)の絵が掲げられているほか、現在で目ぼしい絵馬は残っていません。
「鍾馗」は、中国での疫病(やくびょう)神を追い払う神として信仰されており、岩国では、疱瘡(ほうそう)に対するお守り札とされていました。平成12年(2000)年2月には岩国市の登録有形文化財となっています。

【2017年 紅葉状況】




 

 

 

 


 

 

〒741-0081 山口県岩国市横山2丁目8
このページの情報は「岩国市観光振興課」の提供です