岩国徴古館

chokokan_01吉川報効会が昭和17(1942)年9月に起工し、終戦直前の昭和20(1945)年3月に竣工。
戦時下に、建設、運営が行われた博物館。昭和26(1951)年、岩国市に寄贈されました。
建築工学、音響学で優れた才能を発揮した佐藤武夫の設計で、フランス・パリのエトワール凱旋門に代表される新古典主義建築の影響を受け、モダンなデザインとなっている。当時は太平洋戦争中で灯火管制があったため、天窓から自然光を採光するなどの工夫もされています。
館内では、藩政時代の古文書や工芸品、錦帯橋の資料、流失した旧錦帯橋の一部などを展示しています。

 

吉香牡丹園


4月下旬から5月上旬には、すぐ前の吉香牡丹園で約500株の牡丹が咲き乱れ、また掘に沿って植えられたツツジも見頃です。



















岩国徴古館
大人・小人 無料
開館時間 9:00〜17:00
定休日 月曜日(祝祭日の場合は翌日)
12月29日〜1月3日
問い合わせ先 岩国徴古館
【所在地】〒741-0081 山口県岩国市横山2丁目7-19
【TEL】0827-41-0452
【FAX】0827-41-0478
【HP】岩国徴古館
このページの情報は「岩国市観光振興課」の提供です