宇野千代生家

宇野千代
女流文学者。明治30(1897)年岩国市生まれ。
昭和22年〜23(1947〜1948)年にかけて「中央公論」に発表された「おはん」は、岩国を舞台にした名作で、宇野文学の白眉といわれています。

野間文芸賞、女流文学賞、芸術院賞など受賞。平成2(1990)年に岩国市名誉市民となります。
文化功労者として顕彰され、勲二等受勲。平成8(1996)年没、享年98歳。
unochiyo_01

生家は、錦帯橋から徒歩20分の旧山陽道沿いにあります。宇野千代自身によって、昭和49(1974)年に、ほぼ昔のままに修復されました。
生家の庭は梅、桜、紅葉、苔で彩られる日本庭園となっており、宇野千代を偲んで茶会が開かれます。 作品「薄墨の桜」のモデルとなった、岐阜県根尾村の老樹(樹齢1400年)に由来する桜も植えられています。

※生家は、NPO法人「宇野千代生家」のボランティア活動により守られています。都合により公開が出来ない日もございますので、事前に下記にお問い合わせの上、お越しください。専用駐車場の台数が少ないため、お車でお越しの際は錦帯橋下の駐車場等をご利用ください。

【2017年 紅葉状況】




 

 

 

 

 

 

 

NPO法人「宇野千代生家」
【所在地】〒741-0082 山口県岩国市川西2丁目9-35
【TEL】0827-43-1693(10時~16時)※火曜日を除く
【休館日】火曜日(祝日開館)、お盆、年末年始
※桜、紅葉時期は火曜日も開館(開館日要確認)
【HP】 http://www.unochiyoseika.jp/
○アクセス
●車・徒歩
・玖珂方面から
山口県道15号(欽明路道路)の「BIG MOTOR岩国店」さん前のT字路交差点を左折

・錦帯橋方面から
山口県道112号のいわくにバス「川西」バス停付近の十字路を右折
※十字路右の電柱上に案内板がございます。

・南岩国方面から
山口県道15号(欽明路道路)の「BIG MOTOR岩国店」さん前のT字路交差点を右折
山口県道112号のいわくにバス「川西」バス停付近の十字路を左折
※十字路左の電柱上に案内板がございます。

●電車
JR岩徳線・錦川鉄道錦川清流線「川西駅」から徒歩7分
※駅構内、周辺に案内板がございます。















宇野千代ゆかりの観光スポット

unochiyo_02

おはんの碑


紅葉谷公園内に「おはん」の文学碑があります。小説「おはん」で、おはんの登場する冒頭の一節が刻まれています。

unochiyo_03

龍江淵


小説「おはん」の中で、おはんの息子悟が命を落とした龍江の淵。錦川が淀み、水深5メートルを越える淵となっています。

unochiyo_04

呑海山教蓮寺


川西の浄土真宗西本願寺派の寺で、宇野千代の墓所があります。宇野千代生家から徒歩5分。









unochiyo_05

宇野千代のデザインした着物


宇野千代デザインのハンカチやランチョンマットなどの小物は、土産品としても親しまれています。
女性らしい優しい色遣いが特徴です。
宇野千代生家内でも好評販売中です。

このページの情報は「岩国市観光振興課」の提供です